日本の訪れたい世界遺産、琉球王国のグスクと関連遺産群、白川郷・五箇山の合掌造り集落、知床半島の魅力。

世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、人類が共有し、普遍的な価値をもち、後世に残したい意味を持つものを指します。

今回も日本の世界遺産の中からぜひ訪れていただきたい所をご紹介します。


☆琉球王国のグスクと関連遺産群
琉球王国のグスクと関連遺産群は、グスクなどの琉球王国の史跡群を総称した名称で2000年に世界遺産に登録されました。

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)、座喜味城跡(ざきみじょうあと)、勝連城跡(かつれんじょうあと)、中城城跡(なかぐすくじょうあと)、首里城跡(しゅりじょうあと)、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、玉陵(たまうどぅん)、識名園(しきなえん)、斎場御嶽(せーふぁうたき)の9件とその周辺地帯です。

グスクとは、 古琉球(ぐすく)時代の遺跡のことで、城(しろ)と訳されていますが、御嶽(うたき=聖地、拝所)として多くの参拝者が訪れていました。

グスクの築城は12〜13世紀で、地形にそった美しい曲線を描いているのが特徴です。 
現代では城を「グスク」と読むか「シロ」と普通に読むか議論されたりもします。


☆白川郷・五箇山の合掌造り集落
岐阜県と富山県にまたがる「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、「人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例」などの基準を満たすものとして、1995年に採択され、「文化遺産」として世界遺産に登録されました。

山間部の豪雪に耐える建築構造と、屋根の両端が本を開た様に三角形の「切妻合掌造り」になっています。
茅葺きの大屋根は約20〜30年ごとの葺き替えが必要です。

1軒替え終えるまでには1週間以上の日数と大変な労力を要するため、昔の人々は互いに助け合う「結(ゆい)」という制度をつくり、村人総出で行っていました。

1階は居室空間、2階以上は屋根裏の寝室や養蚕に利用するための作業場など、工夫された独特な特徴を持っています。

五箇山(ごかやま)とは、赤尾谷、上梨、下梨、小谷、利賀谷の5つの谷間の総称で、その集落の景観や主な登録物件は、白川郷の113棟の合掌造り家屋が残されている中、遺産に登録されているのは保存状態の良い59棟で、古いものは17世紀に遡るものもあります。

相倉は20連、菅沼は9連が登録されています。


☆知床半島
北海道の東北端、オホーツク海と根室海峡に挟まれた知床半島は、2005年に日本で3番目の「世界自然遺産」として登録されました。

1,000メートルを越える知床連山を境界に網走、根室の両支庁に分かれています。

知床は流氷が接岸する世界最南端の地であり、海と川と森が一体となった生態系を持ち、サケ科魚類、トドやクジラ類など海生哺乳(ほにゅう)類、希少海鳥類、渡り鳥類にとっても重要な地域です。

また、オオワシやシマフクロウなどの世界的に貴重な絶滅危惧(きぐ)種が生息する野生生物の宝庫ともなっています。

このような姿をクルーズ船で海からの知床を楽しむことができます。

野生動物にエサをやるのはタブー、
知床はヒグマの棲み家と心得よ、
エゾジカとの衝突事故に注意、
これが知床散策3つのこころえです。

貴重な動植物や自然が今も手付かずの状態で残る「地の果て」知床を、私達は守り続けるためにできることをすべてしなければならないと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。