下呂温泉の魅力やおすすめ観光場所

下呂温泉は岐阜県下呂市にあり草津、有馬と並ぶ日本三名泉のひとつです。

江戸時代より湯治場として栄え、親しまれてきた下呂温泉の泉質は、無色透明のアルカリ性単純泉です。
この泉質は血行が良くなり、疲労回復や健康増進に効果があります。

また少しお湯につかるだけで肌がつるつるしてきます。
これは本当につるつるで、まるで石鹸が体についているみたいに感じます♪

「下呂」の地名は、「下留」の駅名が「ゲル」と、音読みされ「ゲロ」から「下呂」というあて漢字をひっつけました。

「薬師如来が傷ついた白鷲に姿を変え、益田川のほとりの源泉のありかを村人に教えた」という「白鷲伝説」があり、由緒ある伝説になっています。

昭和39年に世界遺産となった白川郷の合掌家屋が温泉街近くのなだらかな丘陵地に移築しました。
国の重要文化財の「旧大戸家住宅」を中心に現在10棟ほどの合掌集落となっています。
「合掌村」にはこの他にもふるさとの社、狛犬博物館、プラネタリウムなどおすすめの観光場所があります。

また、昔ながらの和紙製法「漉倉(すきすら)」で作られた和紙や、飛騨陶房、素焼きの茶碗や一輪差し、コーヒーカップなどに絵付けなどが体験でき、観光客に人気となっています。

また8月に行われる「龍神火まつり」もエネルギッシュで全国的に有名です。
5頭の龍と、大きな「お椀型」のみこしが、町をねり歩き温泉街の中心にある「白鷺橋」 で、勇壮な舞を披露します。

お祭りは2日間続きますが、2日目の見所は「芸奴みこし」です。

普段おしとやかな芸奴さんたちの、さらしにハッピという出で立ちで、威勢良くおみこしを担ぎます。

ぜひ、龍神火まつりいあわせて宿泊することをオススメします。
ただし、かなり込み合いますので早めの予約で確保してくださいね。


>>もっと具体的に調べるならコチラ

黒川温泉のおすすめ宿泊旅館

今では有名でなかなか予約の取れない、自然美と素朴な町並みで、多くの観光客に愛される黒川温泉。

入湯手形を胸に掛け、下駄と浴衣姿でトコトコ歩く姿は、日本人に生まれてよかったなぁ〜とつくづく思える風景です♪

黒川温泉のお勧め宿泊宿・ホテルを紹介します。

<お宿 のし湯>
熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6590-1。
「熨斗(のし)をつけてお返しする」という言葉をそそのまま宿名にした「のし湯」です。

にぎやかな通りから一歩杉皮を葺いたのし湯の門をくぐるとしんとした中に鳥のさえずりだけが聴こえる空間があります。

露天風呂には木を伐採せずに空間を利用した、堅い栗の木4本を支柱にした「宙ろくの湯」があります。

入湯手形を利用する立ち寄り客にも人気の温泉です。


<旅館 ふじ屋 >
熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6541。
自然の風景に溶け込み、川端通りに建つ「ふじ屋」は、随所にオーナーのこだわりが隠れされおり、それが癒しに繋がっています。

温泉は屋根がある半露天タイプ。

掛け流しの湯を、雨の日でも開放感を感じながら味わえます。

また夕食は、大皿に盛った預け鉢スタイルで、この演出や素材感が、お洒落でシック、と評判の宿です。


<旅館 わかば >
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6431。
小高い坂道を上ったところに位置する、純和風の宿が「旅館わかば」です。

ここは、女性に人気のある宿で、好評の「美のサービス」は、宿自慢の温泉「化粧の湯」で、化粧水がいらないほどに、お肌が潤う、魔法のお湯なのです。

さらにエステコースも体験できる、女性に嬉しい宿です。


このほかにも沢山の情緒豊かなすばらしい温泉宿、ホテルがあります。
あなたにぴったりの温泉を見つけてくださいね。


>>もっと具体的に調べるならコチラ

黒川温泉の魅力やおすすめ観光場所

黒川温泉は、九州は熊本、阿蘇北側の山あいの環境にあり、九州地方では秘湯、温泉宿がひしめく中で、黒川温泉は地元の人たちのみの「湯治場」として昔から親しまれてきました。

「田舎らしいさを出そう」というコンセプトを元に、温泉組合の方々が集まって温泉手形の発行など様々なアイデアが実行され、その結果温泉地・黒川が全国的に人気の高い温泉となりました。

黒川温泉の泉質は、含食塩芒硝硫化水素泉で、神経痛、リウマチなどに効果があるといわれています。


黒川温泉の露天風呂巡りを楽しもうと思ったら便利なのが「入湯手形」です。
黒川温泉観光旅館協同組合が1,200円で発行しており、各旅館ででも購入することができます。

「入湯手形」とはどのようなものかというと。
木を輪切りにしたものに、「黒川温泉 入湯手形」と焼き印されいます。

3ヶ所のシールが貼られていてお風呂に入る毎に、シールが1枚づつ剥がされ、そこの旅館のスタンプが押されます。

黒川温泉の温泉街では温泉手形をぶら下げた、浴衣姿の観光客と行き交うのもお馴染みの光景になっています。

阿蘇山のふもとを車で走っているだけでも多くの自然スポットに出会うことができます。

馬を放している大草原の「草千里ヶ浜」や、まるで鉢を伏せたような形の「米塚」は、阿蘇の神・建磐龍命(たけいわたつのみこと)が米を積み上げ、頂上の窪みは、貧しい人々に米を分けた跡だとされています。

そしてこの自然パノラマを千里展望所から一望することができます。

熊本城の城内の桜は約800本で、シーズン中は夜間開園もあり、春に訪れた際はぜひ立ち寄ってくださいね。


>>もっと具体的に調べるならコチラ

スポンサードリンク

タグ:黒川温泉

草津温泉のおすすめ宿泊宿・ホテルを紹介します。

昭和59年、古き良き時代の草津温泉を再現しようと老舗宿14軒が集まり「和風村」ができました。

古くから大名や高貴な人の為に、宿に造られた浴場を内湯と呼んでいます。

「和風村」加盟宿の、いずれかに宿泊すると「内湯めぐり」を楽しむことが出来ます。
「和風村」加盟宿を紹介します。

<山本館(若ノ湯)>
親子三代で入湯しているお客様がいるという、子宝の授かる霊泉です。

<松村屋(延寿の湯)>
格子戸に風情を感じ「いろり」のある部屋もあります。

<大阪屋(君子の湯)>
西上州の養蚕農家の伝統的な建築様式「せがい出し梁り造り」を再現した宿です。

<益成屋(弁天の湯)>
檜づくりの大浴場で「押し花体験」ができます。

<湯元館(薬師の湯)>
赤御影石の浴槽には無色透明の硫黄の香りが特徴です。

<旅館たむら(永楽の湯)>
源泉は、宿の前から噴出している「地蔵の湯」で、美人の湯とも言われてます。

<望雲(万代の湯)>
しゃくなげ庭園が自慢の旅館です。西の河原源泉掛け流し露天風呂付客室もあります。

<草津ホテル(さい泉の湯)>
露天風呂を始め7つのお風呂があり、片岡鶴太郎美術館があります。

<日新館(安兵衛の湯)>
温泉は高い天井と格子窓、太い丸太の梁が情緒を感じます。

<ひのき亭 牧水(たぎちの湯)>
若い女性に人気の宿です。ひの木風呂、ひの木の客室とこだわりの宿です。

<つつじ亭(うららの湯)>
5000坪に10部屋で、離れ家と貸切り露天風呂あります。

<奈良屋(お汲み上げの湯)>
創業120年の歴史を持ち、提灯、帳場など風情を心地良く残しています。

<群龍館(龍神の湯)>
男龍・女龍の「龍神の湯」は、開運の場として知られています

<ての字屋(玉すだれの湯)>
1200年の歴史と伝統を誇る草津唯一の天然岩風呂で、乳白色の源泉です。

ぜひ、このなかから、あなたにとって最高の宿が見つかりますように♪


>>もっと具体的に調べるならコチラ

スポンサードリンク


草津温泉の魅力やおすすめ観光場所

「草津温泉」の名前の由来は、硫黄成分の強い臭いが「臭い水」の意味「くさうず」が変化し、「草津」となった説があります。草津っていったら情緒ある感じがしていいのでうが、その語源がくさい水とは何か面白いですね。

草津温泉といえば、明治時代から伝わった「熱い源泉に水を加えて効能を薄めてはいけない」、という風習からおこなわれた「湯もみ娘」と呼ばれる娘たちが、「チョイナチョイナ」の掛け声に合わせ、木の板でお湯をかきまぜる「湯もみ」が有名ですよね。

日本三名泉に数えられる草津温泉の泉質は、酸性、含硫黄、アルミニウム、硫酸塩、塩化物温泉で、自然湧出泉湯量はなんと日本一です。

また、その強い酸性の殺菌力は源泉に1円玉を1週間つけておくと、溶けてなくなるというほど。
そしてその優れた効力が草津温泉の魅力のひとつとなっています。


草津温泉のシンボルは何といっても草津温泉の温泉街の中心にある湯畑です。
この湯畑を散策するときには、そのまわりを囲む石柱を、よく見てくださいね。

あちらこちらの柱に、志賀直哉、尾崎喜八、高村光太郎、竹久夢二、斎藤茂吉など、かつて草津を訪れた著名人の名前が彫ってあるのです。

「まぁ〜なんてマナーの悪い!」なんて怒らずに広い心で鑑賞してくださいね。

そしてそこから瓦敷きの歩道を歩いていくと、いたる所から源泉が湧き出し、湯川となって流れる西の河原公園にでます。ここも人気スポットのひとつです。

溶岩の岩場に流れる温泉がさまざまな池を作り、大自然の歴史の光景はとてもすばらしいものです。

また、白根山湯釜は、直径300m、水深30mの円形の火口湖で、その湖水の色は、エメラルドグリーンで大変に美しく、湯畑と並ぶ草津観光の人気ハイライトスポットです


>>もっと具体的に調べるならコチラ

スポンサードリンク

タグ:草津温泉

有馬温泉のオススメ旅館

有馬温泉の温泉街は、狭い坂道が入り組み風情たっぷりです。
本当に昔からの温泉街って感じのたたずまいです。

有馬温泉の歴史ある温泉宿を3件、紹介します。

@「銀水荘別館、兆楽」
神戸市北区有馬町1654―1。

「銀水荘別館」では2種類の金泉とラドンたっぷりの銀泉が、館内大浴場と露天風呂で楽しむことができます。

テーマは「二泉十二浴」です。露天風呂に行く途中で、森林浴や温泉の中の歩行浴など、十二浴を楽しむことができます。

夕食は旬の食材を盛り込んだ会席料理、朝食は干物を目の前で焼いてくれるサービスもあります。


A「元湯龍泉閣」
神戸市北区有馬町ウツギ谷1663。

「元湯龍泉閣」は有馬の高台にある一軒宿です。

貸切露天家族風呂があり、春には桜、秋は紅葉、夜は星空を満喫できます。

「元湯龍泉閣」 は大家族や、複数家族での宿泊におすすめです。

特に小さな子様連れの家族に喜ばれる設備やサービスが数々あり、キッズコーナーやベビールーム、無料貸出しベビーカー、室内温水プールもあります。

食事なしの「素泊まり」プランや、料理コースで宿泊プランを選ぶことができます。また、お子様ご膳や乳児食もあり、子様連れの家族旅行に優しい宿です。


B「橋乃家別館 嵐翠(らんすい)」
神戸市北区有馬町1684。

「橋乃家別館 嵐翠」は、庭園のなかに独立した建物で、歴史がかもし出す懐かしさと純和風木造りの料亭旅館です。

季節の折々に新緑や紅葉、河鹿の鳴き声に心癒されるひと時を過ごすことができます。檜のぬくもりただよう金泉露天風呂からは滝川が望め、予約を取れば、家族風呂、貸切風呂として使用できます。

そのほかにも有馬には最高級の旅館からリーズナブルな旅館までお好みによって選ぶことができますよ。

ちょっと高めですが!!


>>もっと具体的に調べるならコチラ

有馬温泉の魅力やおすすめ観光場所

有馬温泉は、豊臣秀吉によって再建され、彼が最も愛した日本最古の温泉で、「日本書紀」にも登場するぐらいの古い歴史ある温泉です。

関西の都である大阪や神戸から一時間、京都からでも2時間ほどの近距離にありながら、自然豊かで関西の奥座敷と呼ばれる六甲山麓の温泉地です。

有馬温泉は、三古泉・三名泉の一つで、泉質は赤く褐った塩化ナトリウム泉の「金泉」と、無色の炭酸泉「銀泉」の2種類があります。

有馬温泉のお湯は、遠く南の海底へ潜り込んでいるフィリピン海プレートから、有馬の地下で分離された水が上昇し、有馬温泉の「金泉」となって噴出していることが近年判明しました。

「金泉」と「銀泉」を交互につかることによって、より泉質の特性を活かし、相乗効果があります。

そんな理由から、有馬温泉の見所に「源泉めぐり」が人気となっています。

天神泉源 、有明泉源 、炭酸泉源、太閤泉(飲泉場)、極楽泉源 、御所泉源 、妬(うわなり)泉源です。

温泉名やゆかりのある歴史をのせた順路ガイドに従って、歩いて巡ります。すべての泉源もそんなに遠く離れていないので安心してくださいね。

「金泉」の味は、しょっぱく、「銀線」はピリッとした炭酸独自の味がします。

この炭酸泉は、昔は「鳥類、虫、けだものがこの水を飲めば、たちどころに死すなり」と言い伝えがあり、毒水として近づくのも禁止されていました。
(もったいない話ですね♪)

明治8年に内務省司薬場が検査をすると、飲料水として大変、優れていることが判明したのです。この炭酸泉は「鉄砲水」とも呼ばれ、やがて日本の「サイダー」の誕生となりました。

サイダーはこの有馬温泉から始まったのです。


こんな由緒正しい有馬温泉にぜひ行ってください。


>>もっと具体的に調べるならコチラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。